恩人
今朝は少し寝坊。。。
慌てて弁当作り。

あまりにも時間がないので、昨夜の夕飯の残りの野菜と豚肉。
昨夜は豚塊肉と野菜のオーブン焼きだった。
いっぱい作って、残りをいつもカレーにする。
いっぱい作っていたので、お弁当のおかずにも十分詰め込む事はできた。
定番卵焼き、冷食のフライ2種、なすキュウリみょうがショウガ大葉の自家製漬け物。

今朝はおはよう朝日ですがなく、ゴルフ番組をやっていたので、朝のペースが出ない…
朝の番組の時間の音声って、意外とリズムを作ってくれているんだよね。

今日は夜に友人と待ち合わせで外食。

2人の共通のバスケ仲間である。
が、mにとっては、とてもとても大事なというか、1番悩んでいた時に出会い、話をいっぱい聞いてもらった恩人である。

20代前半の2年間くらい、迷路に迷い込んだ様な…自分でも自分が解らなくなっていた時期があり…

調理師で、保育所の調理場で働いていた彼女の話を聞き、もともと料理好きだったのでmも料理の勉強をもっとしてみたいなぁ。。と感じた。

学生時代も下宿で料理を作り、後輩に振る舞ったり、旦那Yの下宿で鍋パーティーしたり。。
料理して食べてもらうと皆喜んでくれるし、大勢でご飯をわいわい食べる空間が大好きだった。

そんな場所を作る仕事って。。。自分で店開くか!?

すでに25歳になっており、いまさら…って思いもあったけれど、調理師学校への入学を決めて受験した。

自分がやりたい!!っと思ってやる勉強は大変だけど本当に面白かった。

級友はほぼ18歳。
正直、中卒、高卒で調理師学校へ来る人って…馬鹿にしてました…
進学先が無くて、仕方なく…って思ってました。

若い子達の話を聞いていると、確かに、進学先がなく、仕方なく来た子もいた。
しかし、実家が料理屋で、京都の学校で勉強して帰るとか、寺の息子で将来的に法事の際の料理を出す予定があるから来たとか…

中卒の子もいた。
その子は、別に料理屋の子ではなく、昔から食べる事、料理する事が好きで、将来自分の店を持ちたいから先に調理師免許を取り、それから高校へ行き、高校の間は料理屋でバイトしてお金を貯めて…免許持っていると、バイト料が違うんだっと、めっちゃ自分のこと考えてて…びっくりした。

それまでの自分を大反省。
馬鹿にしていたなんて…恥ずかしい…彼らの方がまともに生きてる。
自分の考えをしっかり持って、自分で生きている。

それまでのmは親が言うからとか、世間的にはとか…周囲の事ばかり気にして、自分の本当の思いを表に出す事はほとんど無かった。

唯一、我を張り続けたのがバスケかなぁ。。

人生やり直すのに、年齢は関係ないんだなぁ。。もう歳だしとか、いまさら…なんて単なるいい訳。そんな言い訳であきらめるのは本気ではないという事が理解できたというか、腑に落ちた感じ。

この体験で、今でもmは興味がある事に対しては、講座うけたり、資格試験受けたり…貪欲です。

彼女のおかげで、mはそれまでの生き方というか「学歴」重視の考え方を変える事が出来、今の日々楽しく幸せだと思えるmがあると思っている。

電車で30分くらいの場所にいるのだけれど、なかなか会うチャンスがなかった。

今年のmのテーマがこれまでお世話になった人にはあって、感謝の意を伝えよう!!なので、連絡を取り、ご飯を食べにいく事にしたのだ。

久しぶりの人って、連絡とるもの緊張する。
でも、今年のテーマのおかげで大義名分?があり、気楽に連絡を取ることが出来ている。
まあ、今はメールと言う気軽なツールがあるおかげでもある。

このペースで、今年中にたくさんの人に感謝の意を伝えられたらいいなぁ。。。
| m141 | | 08:35 | comments(0) | - | - | - |