Mint
今日は旦那Yと朝からお出かけ。

午前中に大阪駅前までちゃりちゃり自転車で移動。
銀行へ行き、用事を済ませる。

mが買いたい物があったのでL.L.Beanへ。

その後、ランチを食べるため移動し御堂筋沿い堂山町らへんのベトナム料理屋へ。

おしゃべりに花が咲き、すっかりランチの写真を撮り忘れ…
旦那Yはフォーガーとご飯のセット。
mはベトナム風豚の角煮と煮卵の定食。
2人とも+100くらいでドリンクとデザートの食べ放題をつけて1,000也。

最後のデザートを取って来た時に写真の事を思い出し、食べ終わった食器と、デザートの“チェー”を撮る。

タピオカ、白玉、ココナツミルク好きのmには最高のデザート。
数種類の具材があり、好きな物を器に放り込み、最後にココナツミルクをいれて完成するベトナムのパフェ…と、良く説明されるが、mは汁粉のほうがピンと来る。

美味しく頂き、阪急百貨店へ。

ネスプレッソマシンのカプセルが残り少ないので買い足しに9Fのネスプレッソブティックへ。

季節限定のカプセルが出ていたので試飲させてもらう。
ここでいつも珈琲を頂くので、ランチの場では珈琲以外の飲み物を飲んでいたのだ。

もうすぐ髭は剃ってしまうと言うのでひげ面を全世界に向けて公開。
もう、誰も何も言わなくなったのでつまらなくなったのかなぁ。。

カプセルを購入し、同じ回のキッチン用品をざらっと見て回る。

mの湯のみをこの1年くらい探していた。
たまたまちょうど良い大きさ、手触り、持ち加減の物があったのでお買い上げ。
見た目と手触りだけで購入を決めたので、レジで初めて値段を知った。
3,000yen也。
…少し高いか?旦那Yの湯のみはイズミヤで840yenくらいだった…
でも、気に入ったので買うのだ。

今使っている物はまだ使えるのだけれど、PCの横に置いておくには少し安定性に不安がある形状。
底が細くなっているタイプの物で、内容量が多い時は良いのだけれど、減るとちょっと当たっただけでふらふらするのだ。
なのでずっと底がしっかりした物を探していたのだ。
…正確には湯のみではなく、焼酎カップらしい。。。
今の湯のみ(多分これはビアマグだったような。。)はもう12年くらい使っているので、新しい物と併用しつつ、両方大事に使っていこう。

梅田での用事が終ったので、ちゃりちゃり家路に。

帰り道沿いに、造幣局がある。
大阪に引っ越して来てすぐに、桜の通り抜けに行った。
その時に博物館の存在を知ったのだが、通り抜け期間中は博物館は閉館。
平日しか空いてないので、なかなか行く機会がなっかった。

今日は時間もあるので行ってみる事に。

門で受付を済ませて、通り抜けの時も通る道を通って博物館へ。
入場は無料。
音声ガイドも無料で貸し出し。

展示物はそんなに多くないけれど、結構楽しめた。

良くあるミニチュアの展示。
昔の造幣工場内部を再現した中に、見学に来た婦人が作った貨幣に近づこうとして警備員(まだちょんまげがある)と作業員に静止されているところがありおかしかった。

1時間くらい見て回る間、掃除しているおじさんが、急に「ご説明させて頂きます」っと展示の説明をし始めて…清掃員だと思っていたのだけれど…どうも微妙なおじさん?おじいさん?がいっぱいいた。
独立行政法人の造幣局。
引退した人たちの再就職先が博物館なのだろう。
めっちゃ詳しい説明をしてくれた。

500円玉は20円で出来るらしい。
でも、ライバル?の日本銀行券である1万円札も20円らしい。

昔は作った500円玉を500円で買い上げてもらっていたらしいが、今は20円程度での買い上げなので売り上げは少ないとの事。
いやいや、昔がぼろ儲けしすぎだったんですよ。。。

1つ疑問があった。
貨幣はずっとCoinだと思っていたのだけれど、造幣局にはMINTという表記が。。
帰宅後調べてみたら「mint」は動詞では、「鋳造する」という意味があるらしい。
JAPAN MINTで日本造幣局らしい。

来年の春、桜の通り抜けが終った頃にまた来てみよう。
まだ桜も残っているだろうし、人が少なく、のんびり散歩が出来そうだ。

スーパーで夕飯の買い物をして、帰宅。

旦那Yは昼寝。

今日は夕方からのヨガクラスに参加予定だ。
18:00からヨガに参加し、本日の行事というか、用事は全て終了。
平日休みは普段旦那Yが出来ない事(ほぼ金融関係)をしたら終ってしまう…

銀行とかももっと休日の窓口業務増やしてくれたら良いのになぁ。。。

平日有給休暇はいつもこんな感じで終っていくのであった。
| m141 | | 17:00 | comments(0) | - | - | - |