数珠つなぎ。。。
昨年末から、中学生選手4人ではあるが、バスケクラブチームを立ち上げた。
春からは一人増えて5人になり、徐々にクラブらしい感じにもなって来た。

活動をするにあたり、学校のクラブとは違い、練習場所の体育館の確保が一番の問題だ。

市のスポーツセンターの予約を必死にするも、なかなかの倍率で当たる事は稀。
mのやっているバスケ教室の活用でなんとか週一回は確保しつつ、予約出来るときは出来るだけ練習するようにしてきた。

最近では、旦那Yの会社のチームも快く受け入れてくれるので、甘えに甘えて、毎週おじゃまするようになった。

また、我々の事を知った高校の先生が、体育館を使っても良いと申し出てくれて、こちらもありがたく使わせて頂いている。

その先生の息子さんもバスケをしており、昨日のスポーツセンターの練習に、学校のクラブの仲間と一緒に参加してくれた。
先生も引率で来てくれてて、ありがたい事だ。

周囲の人たちの協力もあり、いろんなチームと交流出来るようになって来て非常にうれしい。
バスケの輪が数珠つなぎでどんどん広がっている。

我々は学校の部活と違って、目先の勝ちなんてどうでも良いと思っている。
今、一緒に活動している子達が、どこでプレイしても困らない基礎を身につけてもらい、高校、大学、社会人になってもバスケを楽しく続ける事が出来るようになってもらいたいのだ。

いろんな場所で、バスケを楽しくプレイする。
これがなかなか大変なんですよ。

我々は流浪のプレイヤーで、いろんなチームに顔出して、プレイさせてもらって来た。

チームは小さな1つの社会。
だから、新しい社会に身を投じる時のいろんな事を経験して来た。
それは非常に良い勉強になった。

そんな経験を彼らにもしっかりしてもらい、成長してもらいたいなぁっと思っている。

狭い世界で暮らしている中学生に、もう少しだけ広い世界を見せてあげられたらと。。。
へんなおっさん(基本バスケ馬鹿)達ばかりなんですけどね。

でも、我々が信頼し、大切に思っている友人ばかりである。
彼らのおかげで、我々の人生は非常に楽しいものになっている。

そんな友人を沢山つくってもらって、豊かな人生を送って欲しいと願っている。

中学生の成長が楽しみな…老夫婦みたいな感じ?
すっかりご隠居さんである。
| m141 | | 12:09 | comments(0) | - | - | - |