°・(><)・° ° ・。
昨日買った掃除機。
帰宅後、本体を動かしての空気清浄はしたのだけれど…

今日、早速掃除♥とホースをつないでホースの電源スイッチを入れたら…うごかねぇ〜!!?

なんで???
安いから??

よく見てみると、ホースと本体の接続部分のプラグが…4本あるうちの一本が無くなっている。

おいおい…これじゃ何が何でも動く訳ないよなぁ。。。。

昨日買った店に電話。
掃除機は持ち込みの修理になるらしい。。。°・(><)・° ° ・。

重たいけれど、使えないと意味ないのでえっちらおっちら持って行った。

ついでにノストラでランチ。
今日は家でのんびりするつもりだったのだけれど、掃除機のおかげで今年初のノストラランチが出来たということで。。。

ご飯ランチは豚の角煮。
相変わらず美味でした。

写真はデザートの木の実のキャラメルケーキ。
最後の最後まで美味でした。
| m141 | | 15:28 | comments(0) | - | - | - |
久々に(〜_ーメ)
最近OPENしたランチ&バーMという店に行ってみた。

ひっさびさに、むかつくと言うか、お金払うのが信じられないと言うか、店にいると不愉快極まりないと言うか…
要は二度と行かないし、人に絶対行かない方が良いと強く言ってしまう様な店。

まず、店をやっている2人がスナックのケバいママとその紐って感じのおっさん。

飲食店業務経験者のmからみると、動線がめちゃくちゃで、お客さんは長時間待たされている。
で、mより先に注文して、待っている人たちを無視して、mの注文を持ってくるし、それも冷えきった状態だ。

おいおい…こんなひどい店、久々だよ。。。

お昼を食べに来たサラリーマンたちは、怒る人もなく、ちょっと関心。

最後まで待たされていた人は「もう何でもいいから出して!!」と半笑いで言っていた。

それを聞いたママは「あらそう?」と謝るでもなく、態度は最悪だった。

お客さん皆が、どうしょうもねぇなぁ…と、あきらめムード満載の店だった。

いつまで持つのか?まぁ歳越すのは無理だろう。

本当に久々にお金払いたくない!!って強く強く思ってしまった店だった。
ある意味貴重かもね。
| m141 | | 13:30 | comments(0) | - | - | - |
厳しい現実
今日は検査&通院日。

今日も結果は悪かった。

久々に旦那Yが休みを取って、一緒に病院へ。

担当医開口一番「ご主人、普通なら緊急入院する状態なんですよ。この一年ずっと。良くないではなく、悪いんですよ。」

旦那Y「えぇ、知ってます。でも、本人が納得して治療しないと意味ないし、本人に任せてます」

担当医「まぁ、そうですよね…」

患者が患者なら旦那も旦那。
悪い事は百も承知なのである。

でも、100%の治療法は無いのである。

今勧められている治療は手術になるので1ヶ月の入院を余儀なくされる。
それで、8,9割治るよって言うんならやっても良いけど、とりあえず5割で、数年後また悪化する事も多々って言われたら…やる気はでないでしょう。

その上、免疫が確実に低下するから、以後は肺炎とか、血栓症になりやすい状態になるらしい。

今と比べて、どっちがいいの?って天秤にかけて考える。

出血の恐怖か、ひどい肺炎の恐怖か?
そういえば、生物も食べるの控えるようにとか言っていたし…食中毒にもなりやすいってこと?
刺身が何よりもすきなmにはそりゃ地獄だわ。

どっちにしても不安な状態なのであれば、今のままで良い様な気もする。

一ヶ月も旦那Yをほったらかすなんて…ていうか、そんなに入院いやである。
それ自体がストレスになるのである。

診察の最後に、ヘルメットを持っている我々に気づいた担当医は超びっくりしていた。
「本当に気をつけてくださいね!!」

もちろんです。
バイクで何かあったら病気じゃなくても問題で、命かかってますから。
| m141 | | 23:15 | comments(0) | - | - | - |
こむろか?
最近のニュース、ワイドショーで多くの時間を割いている小室逮捕の事件。

…どうでも良いんじゃね?

もっと、大事なこといっぱいあるはずなのに…
転落人生を見せ物にして視聴率あがるんだろうなぁ。。。

人の不幸は蜜の味かもしれないが、もっと大変なことになっているこの国の問題を
もっと真剣に取り上げるべきだとおもうんだけど…

経済も、社会保険も、時々思い出したようにやるけれど
その程度だから、政治家も適当にしか対応しないし、公務員も問題になった時だけ、しっぽを切れば良い様な仕事しかしない。

銀行への公費問題、これって、経営者たちの怠慢で傾いた訳だから、やる必要ないし、
そんな銀行を信用した預金者が悪いと思う。

自分の大切なお金を託す相手をよく知らないと言うのはmには???理解しかねる。

お金に限らず、まずは相手だったり、物だったりをよく審議してから物事を頼んだり、買ったり、するのが我家。

即決は難しいけれど、あとで嫌な思いをする事は少ない。

みんな、もう少ししっかり考えられるような生活パターン、思考パターンにするべきでは?

平和ボケ日本人。

そうならない努力を、しなくてはね。

株価の下落時も、不況だとか思わず「まぁ!!お安い!!お買い得ね」っと、さらっと買い増しできる様な余裕ある状況をいつも作っていたいなぁ。

本当に、もう少しなんとかしなくてはだめだよね。日本を。
| m141 | | 13:33 | comments(0) | - | - | - |
公の…
昨日はバスケ教室だった。

久々に会った中学生は、本気で部をやめたいようだった。

部活に行っても、バスケが出来ない環境になっているようだ。

えっと…公立の中学校のクラブなので、参加しても活動できないというのはいかがな物かと。
確かに、やんちゃで、学校内でそそうをしている場合もあるかもしれないけれど、そんな子ほど部活とかでどんどん動かして、なにか心にたまっている物を吐き出させてあげないといけないのでは?

また、普通にしていても、先生やコーチが決めた数名しかまともには練習できないらしく…

確かに。
中学や高校、大学などの部活では、試合に必要な人数のみで試合をして、その他は…という場合が多い。

が、良いチームは、試合に出られない補欠の子でも、そのチームの一員である事に誇りを持っている。
だから試合には出られないけれど、日々精進できる子も多い。

試合には出られないは、チーム自体魅力がないでは、そりゃやめたいだろう。

試合に出られない子だけでなく、出ている子もいや〜な気分で練習をしなくてはならないのでは?

仲間がいるからがんばれる部分もあるけれど、チームワークを乱す様な指導をしているようで…
それでも教職者?と疑問を感じる。

勉強だけではなく、協調性や向上心を育てる場が部活なのでは?

保護者も苦情を言えば“モンスター”とか言われるし、その後の子供への影響を考えると言いにくいのだろう。

でも、1番考えて欲しいのは今、中学生活を送っている子供たちが、有意義に過ごせる事。

旦那Yは「そんな信じられないような大人が周りにいるのは残念、反面教師としてそんな大人にならないで欲しいね」と。

指導者に会う、会わないはあるけれど、多くの子が幽霊部員になっているという現状を放置している指導者なんて、いらないんじゃない?って思うのであった。

大きくなっているようで、まだまだ中学生。
とても感受性も強くなり、周りの大人の影響が大きい。
特に大人の勝手な都合で行われる事や、嘘に対しては強い反応を示す時期。

そんな事は言われなくても解っているはずの指導者が、そんな状態では、あきらめる子供が大量生産されてもしょうがないのだろう。

公立校のレベル低下をひしひしと感じたのであった。

あんなに楽しそうに練習し、強くなって行った子たちなので、現状を聞くにつけ、残念でならない。

是非、一生懸命勉強して、高校は自分が目指す目標に向かって取り組むのにいい環境がある所へ進学して欲しいと思う。

くだらない指導者に翻弄されて、自分の夢まであきらめないで欲しいなぁ。

がんばれ!!子供たち!!

昨日バスケ教室に来てくれた子は、部活には落胆していたが、バスケは好きだし、やめたくないし、もっと上手くなりたいという気持が強く、少し安心した。

週に一回、1時間だけだけど、楽しく、上達できる場を作って行こうと思う。
| m141 | | 08:31 | comments(0) | - | - | - |
伝染?
かつてのバスケの教え子の中学生から、メールが届いた。

どうも中学校のバスケ部が面白くないらしい。
部活はやめたいんだけど、バスケは続けたいという難しい精神状態になっているようだ。

たしかに、面白くない事も多いし、何たって練習しんどいし…
mも何度もやめたい!!って思ったし、でも、絶対やめるもんか!!とも思ってやっていたような…
なんか、やめると負ける様な気がして…なんに負けるって、自分に負けてるんだよね。

経験上、やめない方が、のちのちの為になると思っている。

なので「やめるのは簡単だけれど、続けることでしか得られない良い事もあるから続けなさい」と返信しておいた。

で、しっかりバスケ教室の宣伝もしておいた。

中学生が少ないので、来てくれたらうれしいのだけれど、その子の状況を考えると、どんなもんかなぁっとも思う。

でも、バスケは楽しいもの!!と言う事を思い出してもらいたいし、今の状況を乗り切って、最後まで部活を続けて、最後に笑って終って欲しいなぁっと、強く、強く願っている。

先日の小学生につづき、中学生もかぁ…変な伝染が広がらない事を祈る。
| m141 | | 19:24 | comments(0) | - | - | - |
哀しい気持復活…
今日はバスケ教室の日。

新たな子供が増えている。
人数が増えることはうれしいことなんだけど…

今日、以前コーチをしていたミニバスチームの子が体験に来た。
来てくれたのは非常にうれしいのだけれど…

mがスポーツセンターで教室をやっていると聞いて、親に土下座して頼み込んだらしい。
親から少し話を聞くと、どうも、今チームの状態が良くないらしい。

そんな状態になっているとは…あれだけ無理矢理ねじ込んで来たコーチは何をしているのだろう?

コーチが練習中に笑うなというらしい。

mは笑って、無理にでも笑顔作ってしっかり楽しめ!!と教えていたので正反対である。
やんちゃな子が多く、まとめるのは大変だけど、楽しそうに思いっきりプレイする、見ていて面白いチームだったのに。
何の影響か知らないけれど、おかしな方へ変わってしまったのか?

笑っているからと言って、不真面目な訳ではないし、
楽しく笑いながら、真剣に練習できるのが一番良いと思っている。

それが出来るように、指導するのがコーチだと思うのだけれど。

子供たちがつまらなさそうにプレイしてて、本当に上手くなるとおもっているのかなぁ?

まぁ、一般的な指導者ってそんなもんかもね。

mと旦那Yは楽しく、笑いながら強いチームを作る!!ということは可能だと思っているし、そうしようとやっていたので、反動が来ているのか?

本当に子供たちには悪いことしたなぁっと、今思い出しても涙が出る。ポロリ
でも、現場でやっているコーチの意見が無視される様なチーム状況で続ける気にはどうしてもなれなかった。

しばらく、その子はスポセンの教室に来てくれる様なので、しっかり楽しんで欲しいと思う。
へたくそな子が多いけど、みんなバスケが大好きで、なんだかんだ言いながら毎週やって来ている。
そんな子たちと一緒に、しっかり楽しんで、気分転換して欲しいと思う。

今の教室を少しでも楽しい物に出来るように!!がんばらねば。
今のmにはそれくらいしかできないからなぁ。
| m141 | | 22:23 | comments(0) | - | - | - |
超ど疲れ…
今日はバスケ教室の日。

今月からまた1人指導員が代わり、とうとうmが一番の古株になってしまったたらーっ

なんか涼しくなったはずなのに、変な汗いっぱいかいたよ…撃沈

いろんな意味で、まとまってないスポセンのスタッフ。
微妙な空気の中、とにかく、その日の教室をこなすので精一杯。

こんなんで良いのか?
行く前はめっちゃ不安で、行ったら余裕なく、終ったらちょう疲れていた。

子供たちの為に、なんとか楽しく行いたいけれど、不慣れなスタッフばかりで…
楽しんでくれていると思わないとやってらんないんだけどね。

おかしな保護者にも出会い、試合の時に自分の子がボールにさわれないと気に入らないようだ。
技術がまだ伴ってないので、試合になるとなかなかボールが受けられないのだ。
そんな親に限って、他の子を自分のこと比べているし…もっと自分の子供誉めてやれよ!!
っと、大きな声で怒鳴りたくなったが、笑顔で対応しておいた。

これからも、いろいろあるんだろうけど、なんとかやって行くしかないよなぁ…

かなり不安です。

でも、子供たちの笑顔を思い浮かべて…がんばるしかないよな。
| m141 | | 21:43 | comments(0) | - | - | - |
負傷
旦那Yの試合観戦へ。

後輩の夫婦の子供と二階観客席から楽しく、のんびり観戦していたら…
コートでプレイしていた旦那Yが目を気にしつつ、時計が止まっていたので交代した。

あれ?
って思って、見ていたら、目を押さえつつどこかへ消えた。

コンタクトでもずれた?っと、気楽に思っていた。

ら、しばらくして、ティッシュで目を押さえて会場へ戻って来た。

あららららら、ケガ?

しばらく気楽に上から見ていたが、どうも出血がひどいらしい…
のんびりしている訳にもいかないので、下へ降りて、ベンチまで行ってみた。

ぱっくり割れていた。
まぶた。

肘が当たったらようだが、それでこんなにぱっくり切れる?っていうくらいぱっくり。

あやややや…でも、試合は接戦。
「とりあえず、血が見えないように、なんとか止血して!!」
どうも、コートに戻る気満々である。

しょうがないので、傷口を塞ぐように指でぐっと押さえて(旦那Yは苦痛で顔を歪めていた)
絆創膏をはり、そのままでは出血があふれて、汗とともに流れ出すのでテーピングでがっつり上から押さえておいた。

傷口をあわせるように上手くテーピングできたようで、試合終了まで、血は止まってくれていた。
試合終って帰宅してテープ剥いだら…どばっと出てしまったけどね。

消毒して、再び傷をあわせるようにがっつりテープを貼っておいた。

で、今日は休むのかと思ったら、夕方からはまた、バスケの練習へ。

好きにもほどがあるよ…
でも、その気持も解るので止めないけどね。

早く治るように祈っておくか。
| m141 | | 22:12 | comments(0) | - | - | - |
自分の成績表
先日の旦那Yの健康診断の結果は立派な物だった。
主婦としては良い評価と見ていいと思う。

だがしかし…

当のmは…本日の検査&診察では最悪の成績表だった。

先月行ったピロリちゃんの除菌は、もともといないので、意味をなしておらず
今日も血小板は3,000という奇跡的な数値だった。

「7千,8千,6千…今日が3千…これでほっとくのはちょっとねぇ…普通入院してもらってケアする状態ですよ。」担当医談

治療としては、免疫抑制剤、蛋白なんとか…、摘脾。
どれも完全になおる訳ではなく、全く意味をなさないことがある。

その上、当然のように副作用はある。

免疫抑制なんてした日には、持病は良くなっても、他の病気にかかりまくってしまうし
蛋白なんとかは、男性化(声が野太くなったり、体毛が濃くなる)していくらしい。
ただでさえおっさんなのに…

摘脾はまずは血小板を増やして、様子見ながらなので、入院がめっちゃ長くなる。
で効果は一時的な場合が多い。

どれもこれも、素敵じゃないのよね。

mにとっては、今が大事。

確かに、加齢とともに、血管弱って出血しやすくなるとは思うけど…
それでも良いんじゃないかと思っている。

旦那Yとは、いろいろ話し合って、効果がはっきりしてない治療はやらない事に決めている。

「何かあった時に、ひどいことになる。」担当医談

何かあった時に、、、これから先、何かあっても後悔しないようにしっかり人生を楽しみたいと思うのであった。

これから先、何がおこるか解らない。
わからない事を恐れて治療ばかりしていても、そんな人生嫌だしなぁ。

あと10年くらいしたら、めっちゃ効果的な治療法が見つかるかもしれないしね。

何がおこるか解らないんだから、そんなラッキーなこともあるかも。

と言うことで、mは今、近い将来を楽しく生きることに専念するのであった。
| m141 | | 19:01 | comments(0) | - | - | - |